top news

 
  今年で8回目となる松本かおるさんの個展。

  備前の土を使った焼きしめのうつわと、かおるさんが作陶されている

  石川県輪島の職人さんとの合作、焼しめに漆を塗った陶胎漆器の

  2つの軸を持った作品が店内に並びます。

  土らしいざらっとした感触と漆を纏ったつやつやとした感触。

  遠い昔から変わることのない暮らしの中のうつわ。

  新作はかつて能登で作られていた合鹿椀のような少し大きめのお碗。 

  お正月のお雑煮にも良いサイズです。

  焼しめならではの色合いと漆と合わさった色合い

  木地とは違った陶胎漆器の手触り、ぜひお手にとってご覧頂ければと思います。